明石海峡 鯛ラバのセッティング

明石海峡近辺で鯛ラバをされる際、
準備の目安になればと思い、
記載させていただきます。

明石海峡エリアは全国的にも指折りの激流エリアです。
最強のタイミングでは4knot、5knot近く!?のスピードで船が流されるのはもちろん、

とても手強い二枚潮が発生します。

上り下りの潮のぶつかり、流入河川からの真水、水温差、地形…etc.

様々な要因で、
仕掛けが真下に落ちなくなる事が日常茶飯事です。

そんな中で、周りの方々との仕掛けの絡みを回避し、
根掛かりを回避し、
魚とルアーがコンタクト出来るチャンスを増やすには、
それなりの準備が必要です。

利弥丸 鯛ラバ
乗船時のお願い

ベイトタックルの場合。
↓↓↓↓

1.PEライン
0.8号以下でお願いします。

必ず、お願いしますw

絶対にお願いします!!

0.6号が理想的です。

常に150m以上保ってあると安心です。

2.リーダー
フロロカーボン素材で2〜2.5号が快適です。

最初に2ヒロも取っていれば、
1日十分持つと思います。

4号クラスの太さを利用すると…
結構仕掛けが流されますね。

結束はPRノットなど、
強固なものをお選びください。

3.ロッド
硬調子のロッドがあると安心です。

チューブラーティップの
ライトジギングロッドでも構いません。
底取りのしやすさに大きな差が出ます。

※お困りの方へ。

利弥丸では、
専用ロッドを取り扱いしていますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。

BSC-72MH
数本の在庫限りです。

4.リール
巻き上げの強いリール。
最新のカウンター付きがわかりやすく
どちらかといえば便利です。

ハンドルは長いものにカスタマイズするのが、
理想的です。

常連組にはリブレ社のハンドル普及率
100%ちかいのでは?

カスタムハンドル

5.仕掛け
ヘッドは80gを基準に、
60、80、100、120、150gクラスまで。
ご用意をお願いしています。

80gと120gは必須です。

過剰に扁平な形は避け、
丸型や流線型を選ばれると良いです。
(まん丸は抵抗が大きいので微妙ですがw)

潮流が複雑な場合は、仕掛けをシンプルに。
スリムなセッティングが好まれます。

スイベルやコイル、ブレードは、
絡まった時には大事故になりますので、
使用を避けましょう。

チョン掛けワーム等は水流抵抗を受けるので、
潮が緩んだ時に使用します。

以上、

参考になりましたら幸いです。

これで明石海峡の鯛ラバはバッチリ!

なはずです。笑

最新の釣果情報は、
Facebookを是非ご覧ください。

各種SNSにて、情報配信中です!

利弥丸としやまる公式SNS

吉田 倫康 (よしだ みちやす)

吉田 倫康 (よしだ みちやす)

利弥丸アシスタントの吉田です。 ご不明な点は、お気軽にご質問ください。

最近の記事

  1. ビンビンスイッチ その2

  2. ビンビンスイッチ

  3. 最新リール

アーカイブ