再 タイラバのドラグ設定

初心者層のグッと増える季節なので…

あらためて記載させていただきます。

タイラバのセッティング

PEラインは0.6号 150〜200m

慣れた方なら0.8号でも可。

リーダーはフロロカーボン2号。

0.8号に合わせるなら2.5号です。

ラインはスプールいっぱいに巻いておいてください。

そして重要なのは、ドラグ。

負荷が掛かると少し滑り出すようにするのですが、緩めすぎは禁物です。

バレやすくなりますよ。

不安な方は、出船時にお尋ねください[E:#x1F44D]

理由はシンプルです。

魚が走り出した時に、ブスっと刺すにはそれなりの力が必要。

なので、糸が切れない程度の強さにドラグを調整します。

リーダーの結束やルアーとの結束で、ラインの強度は随分落ちます。が、

それでも、2kgぐらいの結束強度は十分に確保出来ているはずです。

さらに瞬間的な負荷でプツっと切れてしまう恐れを考慮して、弱気にしても、

1kg以上にドラグを掛けておいて大丈夫なのでは?

魚の腹に掛かってしまった時には、身切れの心配も出て来ますけど…

針のセッティングを間違えなければ、

口へのフッキングを狙えるはずです。

騙されたと思ってお試しください[E:#x1F44D]

吉田 倫康 (よしだ みちやす)

吉田 倫康 (よしだ みちやす)

利弥丸アシスタントの吉田です。 ご不明な点は、お気軽にご質問ください。

最近の記事

  1. ビンビンスイッチ その2

  2. ビンビンスイッチ

  3. 最新リール

アーカイブ