遂に公開!!ジャッカルタングステン鯛カブラ「ビンビン玉」

ジャッカルスタイルでタングステン鯛カブラが遂に公開されました!
タングステンの効果は、利弥丸でそのポテンシャルは計り知れないものがあることが実証されています。
事実、一般のお客様にはノーバイトであるのに対し、加藤さん、小野さんにはバイトが集中しましたし。
特に初心者の方には絶対おすすめです。
鉛玉では潮流の早い明石において着底しているにもかかわらず、「一瞬の糸フケ」という情報しかなく底取りが上級者でも困難な場合があります。
では、鉛の重さを重くすればという考えがありますが、それではカブラの引き抵抗が大きくアタリが取りにくくなります。
では、タングステンの場合、これは鉛より比重が重いため鉛より小さいサイズが使え、かつ抵抗が少ないのでアタリが取りやすいというメリットがあります。
どうしても高くなってしまう(販売価格は未定ですが・・・)のがネックですが、着底したにもかかわらず、底をゴロゴロと転がして根がかりがしやすくなる鉛に比べると底が分かりやすいのでロストが少なくることを考えると、十分に買う価値があると思います。
いずれにせよ、今年の鯛カブラはタングステンが主流になるのではないかと思います。
ちなみにこの鯛カブラの「ビンビン玉」という名前、ジャッカルの中島プロが発案者です(笑
P45ab6a2a06548
P45ab6a2a14fa5

大窪 利弥 (おおくぼ としや)

大窪 利弥 (おおくぼ としや)

利弥丸の船長です。

最近の記事

  1. 釣果を伸ばす為に

  2. 釣れるネクタイ

  3. ビンビンスイッチのフック

アーカイブ